私のワンデーカラコン

私のワンデーカラコン|カラコンマニアがおすすめを教えておく。

ナチュラルメイクの基本

ナチュラルメイクの基本を教えておく。

 

まず、ナチュラルメイクの基本は自分の目であったり肌であったりとなるべく素に近い状態に仕上げること。

そのため、スッピンに近いメイクというのがナチュラルメイクの基本。
もっと言うと、スッピンに見えるように作りこんでいくというのがポイントとなるのです。

具体的な方法としては、パーツ別にみていくとイメージしやすいと思うので、以下からご参考に。

 

フェイス

ナチュラルメイクをする上で重要なベースメイクは、以下の手順で行います。

 

1.肌を整える

ファンデーションなどがノリやすいように化粧水と乳液で肌を整えます。
この際、ハンドプレスを行ってしっかりと化粧水と乳液を肌に浸透させることが大事で、乾燥しやすい部分は多めに浸透させて下さい。

 

2.下地を塗る

肌が整ったら化粧下地を塗っていきますが、メイク崩れしやすい部位は少量にして塗っていきます。
この際も、肌に馴染ませるようにしっかりと軽く叩くように塗っていきます。

 

3.欠点をカバーする

クマ、毛穴、にきび跡などが気になる場合は、コンシーラーで隠して行きますが、少量かつあまり叩きこまないようにのせるように塗ります。
この理由として、多量にすると化粧が濃い印象になってしまいますし、叩き込んでしまうと欠点のカバーが弱くなってしまうためです。

ちなみに、脂性肌の場合は固形タイプがお勧めで、乾燥肌でしたらクリームタイプがお勧めとなります。

個人的にはカバー力のあるBBクリームもおすすめ。

 

4.ベースメイク完了

いよいよファンデーションを塗っていきますが、化粧下地同様に皮脂などで化粧崩れがしやすい部位は少量で塗った後はティッシュでオフしましょう。
尚、コンシーラーを塗っている部分に関しても薄めを心がけることが大事で、ファンデーションのカラーに関しては浮かないように首の色と同様にして下さい。

 

●アイ

ベースメイク同様に重要なパーツとなります。

まず、眉毛ですが現在剃ってしまっている場合は全体的にペンシルで補ってアイブロウパウダーをその上から重ねましょう。
一方、眉毛がしっかりと生えている場合は軽くペンシルでなぞってからアイブロウパウダーを重ねます。

この時、色に関しては自分の髪の毛の色よりも明るすぎず暗すぎない色をチョイスして下さい。

 

続いて、目元メイクに移りますがアイラインに関してはペンシルを使用して、優しく見せたい場合はブラウンでキリッとクールにしたい場合はブラックを選びますが、下まぶたにはなるべくラインを引かない方がナチュラルに見えます。

 

アイシャドウ・・・ブラウン系の明るいカラーをアイホールに塗ってから暗めのブラウンを目のキワのギリギリのところに塗ってから全体的にぼかします。
マスカラ・・・上と下まつ毛にマスカラを塗っていきますが、ダマにならないように2度塗りに留めておくことが大事で、仕上げはブラシでとかしてキレイなセパレートを作ります。

 

●チーク、グロス

せっかくベースメイクとアイメイクをナチュラルに仕上げても、チークやグロスで台無しということもあるので慎重に行なうことが大事です。

 

まず、チークの入れ方としてはグロスと合わせたカラーのチークをブラシにつけてから、手の甲にのせて量を調節した後に頬の外側⇒内側へと入れます。

 

次に、グロスはチークがオレンジ系でしたらオレンジベージュ系の色を人差し指に出してから、ぽんぽんと唇にのせていったら完了です。
ピンク系の場合は、濃いピンクよりもベージュピンクの方がナチュラルに決まります。

 

 

私の最近の更新記事
カラコン+大切?
私のメニュー